CAROLINE GUITAR COMPANY

2010年設立、サウスカロライナ/コロンビアを拠点とするCAROLINE GUITAR COMPANY、設立者のPhilippe Herndon氏は90年代にツアーミュージシャンとして複数のバンドで演奏する中、電子工学のクラスに通い友人のペダルを改造/修理する日々を送ったのち、ギター製品の設計を視野に入れて”GUITAR”の文字を屋号に入れてCAROLINEを創めますが、実際にはギター製品のプロジェクトは実現はせずに歪みペダルの製作を行うこととなります。

Philippe Herndon氏のインタビュー

上記のインタビューでも記載されているようにPhilippeさんはDEATH CAB FOR CUTIE,EXPLOSION IN THE SKYなどのエモ/インディー/ポストロックバンドに共感、影響を受けていて、ペダルにもそのようなジャンルの音楽の要素を含んだサウンド/アイデアが組み込まれているのが実際に試奏しても感じ取れます。

CAROLINEのペダルの特徴として”特定の伝説的なペダルをモチーフにした”ものであったり”プレイヤーが使いこなせない程奇抜なサウンド/複雑なコントロール”とは全く逆の立ち位置にあります。実際に感覚的に使用できる範囲のコントロールで今まで作り出せなかったサウンドだったりアイデアを各ペダルに散りばめられている非常にセンスの良い作り、ペダルのコントロールの説明を名前(VOLUE,GAIN等)の代わりにアイコンイラストにして見た目のデザインもどれも美しい仕上がりです。(この仕様も感覚的に色々試して貰いたいという意図があるそうです)

Advertisements