WALRUS AUDIO / WARHORN

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのペダルブラントといえば真っ先にここが浮かぶオクラホマのWALRUS AUDIO、2017年からの怒涛の新作第三弾は本来ギターが持つ高音/倍音成分を活かしたまま歪みとブレンドさせて伸びやかなハイミドル~ハイの美しさを感じられるオーヴァードライブペダルです。

コントロールは左上から時計回りにLevel,Drive,Treble,Bassの4つのノブと中心のコンプレッションスイッチで構成、歪の音作りは主にDriveコンプレッションスイッチで、あとはTreble/Bassで微調整といった感じです。

Levelは音量調整。
Driveはゲイン量の調整、min.~10時辺りまでがクリーンブースト、10~12時がクランチ、12時から歪んだ感触が得られ、2~3時からmaxまでが飽和感のあるドライヴサウンドといった感じです。ミドルゲインのペダルですがショートリフ程度なら十分にプレイのノリが良くなる程のゲインを有しています。
Treble/Bassはそれぞれトレブル/ベース帯域の増減を調整。両方とも12時辺りで申し分ない音がしますが、更にハイやローを出したい/減らしたい方にも応えた可変域があります。

コンプレッションスイッチはクリッピングを変えることでサウンドの質感の変化を促します。

上のポジションではコンプレッションが強めの、適度にハイやアタックの角が取れより煌びやかなハイや倍音が感じられるモード。アルペジオやコード弾きにはもってこいの音に仕上がっています。

下のポジションではコンプレッションが弱く、歯切れがよくアタックの出方も強めな音でショートリフやリードギターのようなある程度バンドアンサンブルの中でも一歩前に出た音を出したいギタリストに丁度良いモード。

 

SSGEにての試奏大歓迎、正規輸入品で保証あり。¥27,000-
現在品切れ中です

 

Advertisements