CAROLINE GUITAR COMPANY / Wave Cannon MK2

2010年設立、サウスカロライナ/コロンビアを拠点とするCAROLINE GUITAR COMPANYの”WAVE CANNNON MK2″は豪快、轟音サウンドを作り出せる上に今やCAROLINEといえばコレと言わんばかりのユニークな”HAVOCスイッチ”を歪みにも搭載したオーヴァードライブ/ディストーションペダルです。
コントロールの説明をアイコンで表示するという変わったデザインが目を惹きますが、左上から時計回りにVOLUME,GAIN,TONE,FOCUSの4つのノブと中心にあるRUMBLEトグルスイッチ、そしてBYPASS,HAVOCの2つのフットスイッチで構成されています。

VOLUME,GAINはそのまま音量とゲイン量を設定、ゲインは9時辺りがクランチ、10~12時辺りが一般的なオーヴァードライブ的ゲイン量、12時~マックスまでがMarshallライクな明るくラウドなディストーションとかなりゲインの幅は広く取られています。

TONE
は12時のセッティングを基本に右に回せばブライトな鋭いサウンドに、左に回せばウォームでファットなサウンドに設定できます、FOCUSはミドルEQで右に回していくほど音の主張性がでてきます。主にこの2つのノブでドライブサウンドのトーンを決めていきます、両方とも効きが良いのでおおまかな音の方向性から細かなトーン調整まで作り込める仕様です。

RUMBLEトグル
はrumble=ゴロゴロと低く重く鳴る意味通り、ベースを最大限増加させるスイッチ、と、いってもブーミーでこもることはなく、タイトな味付けですのでこのスイッチをオン(+側)にしてTONE,FOCUSで調節すればミリュートバッキングでズンズンと鳴る、腰を据えた骨太サウンドにすることが可能です。ベースにもオルタナジャンクやヘビーロックにも通じる重低音サウンドを作るのに実は一番適したペダルかもしれないです。スイッチを0(左)にすれば増加をキャンセルできます。

そして今やCAROLINEペダルの醍醐味ともいえるHAVOCフットスイッチ(上写真)ですが、このペダルでは踏み続けることでフィードバックし発振してゆくサウンドを発生させられるというもの。踏んでいる間はPUセレクター、ギターボリューム/トーン、そしてこのペダルのコントロールノブにも反応してワーミーの様に音が変化するというなんとも風変わりな仕様、打弦したままこのスイッチを踏むことでシンセを弾いているかのようなトリッキー奏法も可能です。使い方次第でレコーディング、或いはライブで目を引くようなサウンドを残せることは間違いないです。

SSGEでの試奏大歓迎、正規輸入品で保証あり。お値段¥29,700-

 

Advertisements