CAROLINE GUITAR COMPANY / Haymaker

2010年設立、サウスカロライナ/コロンビアを拠点とするCAROLINE GUITAR COMPANYの”HAYMAKER”はブランド設立初期から構想していた、他の著名なオーヴァードライブペダルに引けを取らず、オリジナルの回路で究極のオーヴァードライブを目指したペダルです。

コントロールの説明がアイコンで表示されていて変わっていますが、左上から時計回りにOUTPUT,PUNCH,SHAPE,HIGHSの4つのノブと中心にある“MODE”ミニトグルスイッチで構成されています。

OUTPUT“と”PUNCH“はそれぞれ音量とゲイン量のコントロール。

HIGHS“はローパスフィルタで主にトレブルを決めるコントロールです。

このペダルの最大の特徴が“SHAPE”コントロール中心の”MODE”トグルスイッチ、この2つで歪みのサウンドを決めていきます。まず“MODE”ですが、A/B/Cの3種のモードがあり、其々に歪の特徴があります。

Aの”solt clipped overdrive”では比較的Tube Screamerの様なコンプが強く、歪もちょっと潰れたミドル寄りのオーヴァードライブ、PUNCH12時でクランチ~ローゲイン、上げていくにつれソロ向きのゲインまで稼ぐこともできますがローゲインの方がカッティングやコード/アルペジオ弾きに合うモードになっています。

Bの”remove the clippers”は名の通りクリッピングが無い為にコンプ感が薄く、その分ダイナミクスが強調されているモード、弾く音1音1音がかなり張りがあるのでゲインを低くしてうっすら歪んだブースター的にも使えますし、思いっきり歪ませてオレンジアンプのようなエッジの効いた爆音サウンドも作れます。

Cの”hard clipped overdrive”ではAより更に歪み方を荒くしたファズの様なブーミーさも兼ね備えたモード、ゲイン量はAとさほど変わりませんが、ハイの鋭さや音圧、アタックの強さはこちらの方がはっきりしています。

“SHAPE”では右に回していくほどミドル、アタックを強調し音の密度を濃くし、重心低めのサウンドに変化するコントロール、歪みのトーンではなく、ウェイトをどこに置くかという少し変わった発想で作られているので他のドライブペダルとは少し違う歪の質感を楽しめます。

SSGEでの試奏大歓迎、正規輸入品で保証あり。お値段¥29,700-

 

Advertisements